乳がんの方へのアロマセラピートリートメント 補完代替療法としてのアロマセラピー 女性専用・完全予約制のプライベートサロン

セラピスト同志で ( ^^)Y☆Y(^^ )

セラピスト同志で ( ^^)Y☆Y(^^ )

週末、リンパドレナージ・セラピストの大塚弓子さんと4ヶ月振りにキャッチアップしました~♪
大塚さんは『ミラクルガール』の著者でいらっしゃり、石巻赤十字病院のリンパ浮腫外来などでたくさんの患者様に施術をされていらっしゃいます。
その傍ら、全国津々浦々にご講演に飛び回る大塚さんは、まさにスーパーガール!!

震災後の石巻赤十字病院内に設置されたリフレッシュルームで初めてお会いしてから意気投合し、親しくお付き合いをさせていただいております。

今回は、一番町でデート♪

東北大学にほど近いイタリアンのイルクオーレでお食事をした後、大日如来前の隠れ家ワインバー、ヴァンジャンブルでさらに乾杯☆
食べて、飲んで、喋って、飲む。そして喋って、また飲んで・・・(笑)
あっという間の『7時間』でした!!(はい、私たちはとてもお酒に強いので、ぜんぜん酔っ払わないんですね(#^.^#))

2人でいろんなお話をしましたが、これはぜひ皆さんにもシェアさせていただきたいので、お伝えしたいと思います。
何らかの症状やご病気をお持ちの方がご自身で選んでどこかにマッサージを受けに行かれる時には、充分に注意をしていただきたいということです。
結論から申し上げますと、中にはさまざまな症状や病気についてしっかりと教育を受けないままマッサージを行っている施術者がたくさんいらして、患者様の症状をさらに悪化させてしまう場合があるということです。
大塚さんも以前、マッサージで静脈瘤をとんでもなく悪化させられてしまった患者さんを診たことがあるとおっしゃっていました。
静脈瘤がある時の注意点や禁忌事項も知らずにグイグイとマッサージをしてしまう・・・なんということでしょう。信じられません・・・
『ここで大丈夫かなぁ・・・』と思ったら、躊躇せずにご自身の症状やご病気をお伝えして、それに対して安全にマッサージができるかどうかをしっかりと施術者に確認することが、ご自身のお身体を守ることにもつながると思います。
本来であれば身体を楽にしてくれるはずのマッサージなのに、受けることにより症状をさらに酷くしまっては本末転倒ですので・・・



私はIFA(International Federation of Aromatherapists)というアロマ界で最高峰の国際資格を取得しましたが、では、IFA認定アロマセラピストであれば、どのセラピストのところに行っても同じ施術が受けられるのか、と言えば、実はそうではありません。
健康な人にのみ行うアロマセラピーとその技術を教えるだけのスクールもありますし、身近なご病気の方にはアロマを行ってもいいが、がんの患者さんには行ってはいけないと教えるスクールもあります。

私は『がんの患者さんにアロマトリートメントをすることができるプロのアロマセラピストになりたい』という明確な目的がありましたので、IFA認定校を選ぶ際にも、医療アロマに特化したスクールを選ぶことは必須でした。
複数のIFA認定校から資料を取り寄せ、学校説明会に出向き、『私が行くべきスクールはここしかない!!』と強く確信し、入学したのが東京・四谷にある私の母校、Vivat Holistic Training日本校(日本ホリスティックケア研究所)でした。
当時は山形県に住んでおりましたので、毎月、飛行機で通学していました。
私のクラスメートも医療従事者が多く、やはり同様に、医療現場で活かせるアロマセラピーとその技術をしっかり教えてもらえるのは、このスクールしかないと思った!と言っていたのを覚えています。

同じIFA認定校でも、そのスクールによって『考え方』も違いますし、教わる手技も異なります。
とりわけ病気に関する授業時間数にはかなりの差があります。
私が卒業したスクールは、がんをはじめ様々なご病気の方にも安全に行えるアロマセラピーとアロマセラピーの技術を教えるスクールでしたので、他のスクールよりも何倍も時間をかけて病気に関する授業をしてくださいました。

アロマセラピートリートメントの技術においても然りで、由緒正しいマルグリット・モーリー・メソッド(モーリー女史はアロマセラピーの生みの母です)を徹底的に指導してくださり、私たちは手技に関してもかなり厳しくトレーニングをしていただきました。
すべての人に同じトリートメントをするのではなく、症状やご病気に応じて臨機応変にアロマトリートメントを行うことに関しても自信を持ってできる今があるのは、こちらのスクールで学んだからだと心から確信しています。
卒業後も継続的にサポートをしてくださり、私も関東地区のクラスメートも皆、安心して医療現場で患者様にアロマセラピートリートメントをお届けすることができています。


サロンのクライアントさんの中には、アロマのお勉強をされている方や、これから資格取得を考えているとおっしゃる方もお見えになります。
『資格』を取ってしまえば、後は安心、というわけではありませんし、実際、資格取得後にも自分の手技に自信がないまま行っているというセラピストの方もいらっしゃると聞きます。ちょっとびっくりですが・・・
そのようにならないためにも、スクール選びはどうぞ慎重に。ご自身がどのような分野でアロマセラピストとして生きていきたいのかを明確にされて、スクールをお選びになるのが後悔しない方法だと思います。

まとめになりますが、本来ならば、辛い症状を緩和し自己免疫力をアップさせることのできるトリートメント(マッサージ)ですので、どうぞ安全で正しい施術を行うセラピストの元を訪れるようにしてくださいね(^-^)

@イルクオーレ

ラブリー大塚さん♪
優しい笑顔に癒される患者さんは沢山いらっしゃいますね!!
私も大好きです\^o^/

@ヴァンジャンブル










コメント



認証コード9500

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional