乳がんの方へのアロマセラピートリートメント 補完代替療法としてのアロマセラピー 女性専用・完全予約制のプライベートサロン

アロマ講演を終えて〜初心を忘れずに〜

アロマ講演を終えて〜初心を忘れずに〜

こんにちは〜!!(^o^)/~

連休明けからアロマ施術、アロマ講演と続いておりまして、気がつけば久々のブログ更新と相成りました。
更新のない日も『クリス通信』を覗いてくださっている皆様、気にかけていただいてありがとうございます。
クリスくんも、とっても元気ですよ〜♡U^ェ^U



さて、先日、石巻市役所様よりご依頼をいただき、石巻市の河北地区まで足を運ばせていただきましたアロマ講演。
実は今年2月のアロマ講演にご参加くださった食生活改善推進員の方々より、『ぜひ河北地区にも来ていただきたい!』とのお声が上がったと嬉しいリクエストをいただき、今回の開催に至りました。

(2012年2月の石巻でのアロマ講演のブログ記事はこちら↓)
http://www.aromazia.net/index.php?Blog%2F2012-02-22

2月に引き続き、今回が2度目のご参加となる方々も数名いらっしゃるとのことでしたので、内容も前回のプラスαでお話をさせていただき、アロマハンドマッサージに使用したブレンドオイルの他に、さらに手作りアロマスプレーで3種類ほど異なるブレンドの香りを持参し、体感していただきました。
普段から食に関わる活動をされておられる皆様ゆえに、

『これは全部食べられる植物から採れた精油のブレンドなんですよ〜』と、ローズマリー、バジル、レモンの精油をブレンドして作成したアロマスプレーを香っていただくと、

『おぉ〜!いい香り〜♪♪』

と、一気にアロマに対する『親近感』を感じていただけたようでした。
ちなみに、当該ブレンドの精油は、神経強壮作用や頭脳明晰化作用などを含むため、頭をスッキリさせて集中力をアップしたい時などにもお薦めです☆



前回のように、アロマハンドマッサージの際にはデモンストレーションの後、なるべく多くのご参加者様のお手に直接触れながら、ご説明をさせていただくようにしました。
アロマハンドマッサージは、受け手の方の皮膚の状態や筋肉の付き方によっても、また年齢によっても、圧を調節しながら行うことが大切であることなどを実践をしながらお伝えしました。
大切なご家族の看護や介護の場面においてもアロマハンドマッサージがとても喜んでいただけること、また、どのようなことに注意を払いながらハンドマッサージを行えば良いか、などもお話させていただきました。



途中、『私は今回が初めての参加なのですが、前回参加した友人たちが、すっごく良かった〜!と大好評だったんですよ!今日は楽しみにして来たんです!!』とお声をかけてくださる方もいらっしゃったりして、本当に嬉しかったです。

また、『アロマハンドマッサージをもっと学びたい!』、『もっともっといろんな香りを知りたい!』、『仙台でアロマ講座はやっていないんですか?』などたくさんのフィードバックをいただけたことも、とても参考になりました。
アロマ講座に関しましては、ただいま準備中で、今年の7月以降のスタートを目指しておりますので、今しばらくお待ちくださいませ。

『アロマスプレーの作り方を教えていただき、アロマって難しいと思っていたけれど、これなら簡単にできそうです!』とのご感想もいただき、たくさんの初心者向けアロマ本が簡単に手に入る昨今においても、まだまだアロマに対して『難しそう・・・』とお感じになられている方も多いことを知りました。

講演の終盤にアロマスプレーのレシピをご紹介させていただき、最後に『何かご質問はありますか?』とお伺いすると、

『その1滴というのは、どうやって買えるのですか?』とのご質問が・・・

講演中に何度か精油の瓶をお見せし、アロマ専門店で購入できることをお話したつもりだったのですが、精油の『1滴』がイメージとしてピンと来なかったようです。
そこで、精油が5ml入っている遮光瓶を手に取り、蓋を開けるとドロッパーが付いていて、このように傾けると、精油の1滴が落ちてきます・・・精油の粘性によっては、その1滴がゆっくりと落ちてくるものもあるので、瓶を振ったりせずにゆっくりと落ちてくるのを待ちます・・・逆に粘性の低い精油は、瓶を傾けすぎると勢いよく精油が落ちてくるので、このように丁寧に傾けます・・・精油の1滴は約0.05mlですので、この一瓶に約100滴分が入っています・・・

とてもクリアーになっていただけたようで、安心いたしました(*^^*)


マンツーマンや少人数の環境でお伝えする時は、お相手の理解度を確認しながら間近で進めることができますが、一度にして大勢の方々にわかりやすくご説明をするということは、意外と難しいものですよね。
自分がアロマの初心者だった頃を忘れずに、『説明は、くどいくらいがちょうど良い』を座右の銘として(?)、切磋琢磨していきたいと思いました(^^)


精油の購入に関しては、過去のブログ記事がありますので、こちらをご参考になさってください。
『精油の購入についての注意点〜これからアロマを始めたい方へ♪』
http://www.aromazia.net/index.php?Blog%2F2011-11-30



アロマスプレーは、とても簡単にできるアロマセラピーのひとつです。
是非、皆さんもお作りになられてみて、アロマを身近に感じてくださいね♪

アロマスプレーの作り方

*アロマスプレーのレシピ(50ml)*
・50mlのスプレー容器(100円ショップで購入できます)
・無水エタノール5ml(=小さじ1杯)(薬局で500ml入り1本1,500円程度)
・精製水45ml(=大さじ3杯)(薬局で500ml入り1本100円程度)
・お好きな精油を合計10滴

*作り方*
スプレー容器に小さじ1杯分の無水エタノールを入れ、お好きな精油を合計10滴入れて、よく振り混ぜます。
ここに大さじ3杯分の精製水を入れ、さらに振りまぜて完成です☆


このスプレーは、ルームスプレーとしての使用はもちろん、リネンスプレーとしても使えますので、寝具にスプレーしたり、あちこちにシュッシュッとして香りを楽しんでくださいね!(※リネンスプレーとして使用する際には、柑橘系の精油を用いて作ったスプレーは衣類に着色してしまうことがあるので、お気をつけ下さいね!)

天然の精油の香りは、長時間持続するというよりは、短時間で爽やかに香るという感じですので、一日に数回、シュッシュッ!
ティートリーやユーカリなど、殺菌作用や抗ウイルス作用の強い精油を用いてスプレーを作りますと、空気清浄作用が一段と高まりますので、風邪予防などにもとても効果的です。

先日、施術をさせていただいた方の小学生のお子様(香りがお好きとのこと)が、どうもストレスを溜めているらしい・・・と言うことで、子供へのアロマについてご相談を受けたのですが、このようなスプレーもお子様と一緒に簡単に作って楽しむことができますね。

ぜひお試しくださいませ(^_-)♪


☆★☆サロンからのお知らせ☆★☆

福祉関係の資格取得の集中講座参加のため、6月3日〜6月30日までサロンはお休みさせていただきます。
何卒、ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m


コメント



認証コード4363

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional