乳がんの方へのアロマセラピートリートメント 補完代替療法としてのアロマセラピー 女性専用・完全予約制のプライベートサロン

エストニア・タリンへ☆ヨーロッパ最古の『市議会薬局』で『恋の秘薬』をGET!

エストニア・タリンへ☆ヨーロッパ最古の『市議会薬局』で『恋の秘薬』をGET!

〜フィンランド滞在記の続きです!記事の内容がいろいろと前後しておりますが、画面右上の『カテゴリ:○◯○』をクリックしますと関連記事のみが連続表示されますので、どうぞお楽しみくださいませ♪〜


さてさて!バルト三国のエストニア。
私がフィンランドから日帰りでエストニアの首都タリンを訪れたのは8月最終の週で、一年を通してもベストシーズン♪
11月の今頃は、とても寒くなっているんだろうなぁ〜・・・と思います。


ヘルシンキからタリンまではフェリーで2時間ほど。
船内にパブやカフェ、レストラン、スーパーマーケット、免税店やゲームコーナーがある大きなフェリーに乗り込み、キラキラ輝くバルト海の水面を眺めながら、しばしの船旅をエンジョイ♪

エストニアへ!エストニアへ!

対岸にエストニアが見えて参りました〜!!\(^o^)/

フェリーターミナルサクビールアルコックビール

タリンのフェリーターミナルに到着!
こちらで現地のツアーガイドさんと待ち合わせです。
とここで、さっそく豆知識シリーズ・オブ・エストニア♪( ´θ`)ノ
SAKUビールはエストニアのビールなのですが、長野県の佐久市とエストニアのサク市は姉妹都市!なんですって。
ちなみにアルコックもエストニアの有名なビールです。


ここからはキャメロン・ディアスにそっくりな超かわいいエストニア人のガイドさんと共に、歩みを進めて参ります♪

%E5%86%99%E7%9C%9F-167エストニアエストニアエストニアエストニアエストニア

エストニア大統領官邸やお庭を見ながら・・・
エストニア人の苗字は、木や石、お花などすべて自然に由来した名前になっているのだそうです。
同じツアーにおひとりで参加されていらした東京の女医さんとお友達になり、タリン観光をご一緒させていただきました(^^)
旅先での素敵な出逢いは楽しさ&思い出が倍増しますよね♪
そして、お互いに写真を取り合いっこ♡

タリン1タリン2
タリンタリンタリンタリンタリンタリン

本当に美しい国ですよね!タリンは世界遺産の街です。
デンマーク、ポーランド、スウェーデン、ロシア・・・ 数々の国に征服されてきた歴史のあるエストニアは、名実ともに独立してからまだ22年しか経っていません。
人口130万人強という小国ながら、その長く征服された歴史の中で自分たちの言語や文化を失うことがなかったのは、スゴイことですよね。
エストニア語は少しフィンランド語に似ています。
そして、混血が繰り返されて来た歴史が影響してか、美人が多い!
国民性は、ガイドさん曰く 『おだやかで控えめ。冗談はあまり得意ではなく、はっきりとストレートな物言いをする傾向がある』のだとか。

エストニアエストニアエストニアエストニアエストニアエストニア

日本人には少々馴染みの薄いエストニアですが、あの『スカイプ』を生んだのは、なんと、エストニアなのですよ〜!
小国ながら、脅威のサイバー大国!エストニア。
世界初のペーパーレス・ガバメントとなったのもエストニアなのだそう。
小国だけに小回りも効くのでしょうね。
古くて新しい国エストニア、中世の建物が並ぶエリアでも、フリーWi-Fiはあたりまえ!

タリンタリンタリンタリンタリンタリンタリンタリンタリン

中世の面影を色濃く残すオールドタウンの美しい街並み・・・
キュートなカフェがそこかしこに・・・お花とテーブルクロス、膝掛けのお色味をさりげなく合わせているところが素敵です♡
ガイドさんと別れ、女医さんとふたりでぶらぶら散策〜♪


ぶらぶら・・・と言いつつ、真っ先に向かったのはこちら!


市議会薬局市議会薬局市議会薬局市議会薬局市議会薬局市議会薬局市議会薬局市議会薬局市議会薬局
市議会薬局市議会薬局

1422年に創立された欧州最古の薬局、『市議会薬局』。
ヘビの巻き付いた杖や杯は、欧米で医学・薬学のシンボルマークです。
アロマセラピストになってから、すっかり薬局マニアになった私。
『欧州最古』というキーワード・・・見逃せませんよね〜!(^o^)
かつ、こちらの薬局に売っているという『恋の秘薬』なるものをお友達へのおみやげにGETしたかったのです(o^^o) 
薬局に売っている恋の秘薬・・・中世から伝わる秘伝のレシピ・・・なんだか魅惑的な響きで、効きそうな気がしませんか〜?

ありました!!コレです!!

市議会薬局市議会薬局


と・・・


私、今更ながらお友達に謝らなければいけません。。。わたくし、勘違いをしていました。。
それは『恋の秘薬』ではなく、『失恋の治療薬』・・・だったのです。。

・・・どうりで?失恋の治療薬の隣には、ニンニクチョコレートが!(笑)

失恋の治療薬薬割ってみました〜

失恋の治療薬。その材料の72%はアーモンドで、残りは秘密なのだそう。ほんのり甘くて傷心が癒されるお味?かしら。。(^^)

・・・そして、ニンニクチョコレート!!

にんにくチョコレートにんにくチョコレート

銀紙を剥がした瞬間から、ぷ〜ん・・・とニンニク臭が、、、
恐る恐る、ひとくち・・・
くっさ〜い!!これは、臭いです!!罰ゲーム的スイーツですね。
即効で歯磨きしましたよ、、、
おすすめのお土産です(笑)

気を取り直しまして・・・
市議会薬局前の広場にはマーケットが出ていました〜♪

タリンジュニパーの木箱

こちらの木箱、ジュニパーの木(ネズの木)でできています!
アロマセラピストの皆さんは『嗅いでみた〜い!』と思われることでしょう♪想像どおり、とても良い香りがします。

ヒノキ科の植物ジュニパー。私たちは普段ジュニパーベリーの精油を使用しますが、ジュニパー『ベリー』ですので、精油の抽出部位は『実』で、少し甘い香りがします。
こちらの木箱は甘さはなく、スッキリとしたヒノキの香りがします。
抗菌作用や利尿作用、抗糖尿病作用などがあるジュニパーベリーの精油(妊娠中、腎臓の既往歴のある方は使用を避けるなどの注意点もあります)。

ジュニパーの木箱

ジュニパーの木箱にも抗菌作用があり、バターなどを入れておいても良い状態で長く保存ができるのだとか。
私もひとつ、可愛らしい形の箱を購入〜♪精油を入れようと思ったのですが・・・

入らない・・・

高さが足りず、入りませんでした・・・Σ(゜д゜lll)オーマイガッ!


恋の秘薬が失恋の治療薬だったと言うスッタモンダ的事件もありましたが、日本の伝統薬と言えばこちらでしょうか・・・

正露丸正露丸

旅のお供に正露丸!糖衣A!
今は正露丸もこんなにオサレになっているのですね〜 見た目はまるでフリスクです。
こちらの正露丸が後日、チェコにて『奇跡の薬』と言われることになるのです・・・!
さぁ、何が起こるのでしょうか〜?!

続きは後日アップデート予定のチェコ・プラハ旅行記内にて〜(^^)/~~


セラピストの自宅サロン・アロマジーアのご予約カレンダー&メッセージはこちらです★★★

コメント



認証コード9421

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional